大学入学共通テストの記述式問題は崩壊するだろう

 

 

高校生以下の子供を持つ親ならこの問題は他人事じゃない。

 

これまでマークシートだけだったセンター試験から、英語は「読む」「書く」「話す」「聞く」を充実させる目的で英検やTOEICなど民間の検定試験を導入して年2回までの成績を参考にする、国語や数学は記述式問題を導入するという大学共通テストへの改革が打ち出されていた。

 

大学初年度納付金のめやす

 

 

ところが、英語に関しては民間テスト受験費用や会場までの交通費などの問題から反対意見が続出。

検定をするベネッセコーポレーションが採点をアルバイトにさせようとしていたことも発覚。

 

萩生田文科相の「身の丈に合った」発言までおこったために来年の導入は完全になくなった。

 

 

萩生田文科相「身の丈」発言で英語民間試験の延期論も~問題・欠陥はどこにある?

萩生田文科相「身の丈」発言で英語民間試験の延期論も~問題・欠陥はどこにある?(石渡嶺司) - Yahoo!ニュース
萩生田文科相が共通テストについて「身の丈に合わせて」と発言したことで波紋が広がっています。大臣は謝罪しましたが英語民間試験導入の延期論も広がりました。そもそも英語民間試験とは何か解説します。

 

 

国語や数学などについても、記述式問題は採点者の主観によって採点が変わるため、公平な採点が難しいことなども指摘され、これもまた延期されることになった。

 

考えてみれば当たり前のこと。

 

今の受験システムはセンター試験での結果を参考にして、各人それぞれが希望大学の2次試験を受験するという段取りになっている。

つまり、センター試験がよかったか悪かったで受験する大学を決めているわけだ。

 

この一次試験ともいえる試験が大学共通入試テストとして生まれ変わるはずだったんだけど、英語の検定は何度でも受験できる裕福な家庭の方が有利になるわ、国語や数学は採点者によって点数がバラバラになる可能性があるわでは、受験生は安心して試験を受けることはできない。

 

時事通信の12月の世論調査で、大学入学共通テストの国語と数学に記述式問題を導入する是非について聞いたところ、「反対」が34.0%で、「賛成」の29.7%を上回った。

 

 

一次試験は全国共通の採点基準で行われるべきであって、それならば人力による採点ではなくAIの進化を待ってから記述式問題を導入するべきだと思う。

 

今はAIが大学入試を受けて何点取れるかなんていう実証実験が行われるほど技術が進んでいるわけだから、この技術を活用してAIで記述式問題の採点くらいできるようになると思うんだけどな。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました