行動するということのメリット

 

 

何かを変えるためには

行動するっていうことが必要。

 

 

例えば毎日テレビを見たり、本を読んでいるだけだと、情報はたくさん入ってくる(インプット)けどそれは自分の頭に入ってくるだけであって世の中は何も変わらない。

 

 

テレビのお笑い番組を見て笑ってるだけでハッピーだって?

プラモデルをきれいに組み立てるだけで満足だって?

ゲームはクリアするのが楽しみでそれ以上はないって?

 

うん、それでも自分の心を満たすことはできるよね。

ボクも映画やドラマを見るのが好きだから、そういう気持ちはよくわかる。

自分がハッピーになるだけならそれでも十分かもしれない。

 

 

ただ、今の生活を変えたいとか、何者かになりたいと思ってる人ならそれだけじゃ足りない。

外に向かってアクションを起こさない限りは何も変わらないんだ。

 

 

先ほどの例でいえば、

テレビを見たり、本を読んだりして得た知識や情報は外に出して(アウトプット)はじめて活かされるんだ。

 

 

完成したプラモデルをSNSで公開したり、展示会に出品してみる。

オープンなゲーム大会にエントリーしてみる。

 

このほかにも

料理のレシピを手に入れたなら実際に料理をしてみる。

英語の単語を知ったなら実際に使ってみる。

サッカーのテクニックを知ったなら実際に使ってみる。

 

 

とにかく、自分以外の誰かに向かって発信してみる(アウトプット)ことで、何かが変わる可能性が出てくる。

自分の好きなこと、満足できること、得意なことはこれなんだよって周りに知らせること、自分を知ってもらうことで何かが変わってくるんだ。

 

結果なんて気にしなくていい。

 

 

今の世の中、成績だとか、受験合格だとか、就職だとか、営業成績だとか、誰かから押し付けられた評価基準で判断されることに慣れてしまっていると、どうしても他人軸で評価されることに慣れてしまっている。

 

だけど、その評価はその評価軸を持った世界(学校、クラス、会社など)で通用するものであって、もっと広い世界にはあなたにピッタリの評価軸をもっている人はたくさんいるから心配ない。

 

例えば、世の中の誰もが高級で美味い料理しか評価しないわけじゃない。そんなに美味くなくても安くて手ごろな値段で食べれることのほうが重要な人たちもいる。

 

だから自分がいま何かを変えたいと思っているなら、ほんの身近なことでいい。

安心して何かアウトプットを始めてほしい。

 

 

ボクもこのブログでアウトプットをしている。

 

 

どこから何を始めていいのかわからないという人には、こんな本も出版されている。

 

学びを結果に変えるアウトプット大全 樺沢紫苑 (著)

 

 

樺沢紫苑プロフィール:精神科医、作家
1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。札幌医大神経精神医学講座に入局。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務する。2004年から米国シカゴのイリノイ大学に3年間留学。うつ病、自殺についての研究に従事。帰国後、東京にて樺沢心理学研究所を設立。精神医学の知識、情報の普及によるメンタル疾患の予防を目的に、メールマガジン、Twitter、Facebookなど、累計30万人以上のインターネット媒体を駆使し、精神医学、心理学、脳科学の知識、情報をわかりやすく発信している。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました