睡眠不足はパフォーマンス低下と燃え尽き症候群を生む

話題
[写真]=ForbesJAPAN

 

Forbes JAPAN に気になる記事が出ていた。

睡眠不足燃え尽き症候群を生んでしまうというもの。

 

 


以前から睡眠不足は仕事や勉強のパフォーマンス低下につながるという情報はあって、自分もそういった実感を持つ事は多かったんだけれども、こういう記事を読むと、やっぱり早く寝ないといけないなと思う。

 

眠りが足りないと朝体が重かったり、目が疲れていたりして起きるのが億劫なことが多い。

 

仕事中でもすぐに休憩したくなったり、1人になりたくなったり、イライラしやすくなる。

 

 

元2ちゃんねる管理人のひろゆき(西村博之)氏も「最大のパフォーマンスを出すのは睡眠が一番」と何度も言っている。

 

この人の意見はちょっとぶっ飛んでてついていけないところもあるけれども、中央大も出てるし海外留学もしてるし、だれもが知っている2ちゃんねるの創設者で実業家だし、ホリエモンとも親しいし、頭はいいんだと思うのでその意見は尊重してもいいと思う。

 

これにForbesの記事でも取り上げられている通り、睡眠とパフォーマンスとの関係は実証されているわけだから、やる気が出ないとか、燃え尽きちゃってるんじゃないかとか、体調悪いという人はまずは睡眠時間の確保をやってみるところから始めてはどうだろうか。

 

自分もいまは平均6時間程度なので、あと1、2時間は睡眠時間を増やす努力をしてみたい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました