大学入学共通テストコロナ感染症対策にマスク着用義務付けや無症状濃厚接触者対応など

いよいよ2022年年明けの1月15,16日
大学入学共通テストが実施されます。
追試験1月29,30日

あと8週間後には大学入学共通テストです。

現在だいぶ収まってきたとはいえ、油断できないのがコロナ感染症

大学入学共通テストにおいてもコロナ感染症対策は必要で、
大学入試センターは対策指針を出しました。

マスクの着用

これは当然ですよね。
大学入学共通テストでは会場内でのマスク着用を義務付けています。

仮にマスクを着用していない受験生がいた場合には
会場で用意したマスクを配布して着用をさせることになっています。

正しい着用の方法は「つねに鼻と口を覆っていること」。

2021年度共通テストでは、
この指示に従わなかった受験生が会場からの退場を命じられて
騒ぎになりました。

無症状の濃厚接触者

運悪く濃厚接触者になってしまったら、
大学受験をあきらめなければならないのでしょうか?

いえいえ、条件によっては無事受験することは可能ですよ。

大学入学共通テストに出願済で、PCR検査等の結果が陰性であること、
受験当日も無症状であることがテスト受験の条件になります。

試験時間以外にも感染症対策を

試験時間内はもちろん、休憩時間昼食時会場への入退場時にも
他者との接触や会話を極力控えなければなりません。
会場では掲示物などで注意喚起が求められています。

 

大学入学共通テストに持参すべきもの

 

このほか、大学入学共通テストに持参すべきものを見てみましょう。

予備の交換用マスク

予備のマスクを数枚、4~5枚持って行ってもいいと思います。
不織布マスクがよいです。

布マスクウレタンマスクは不織布に比べて
感染リスクが高いことはテレビで何度も注意喚起されています。

 

ただしメガネを着用している受験生は
不織布マスクの鼻の横の隙間から息が洩れて
メガネが曇りやすくなります。

ですから曇り止めを用意するか、

不織布の立体マスクを使用した方がいいでしょう。

立体マスクなら息が苦しくないうえ、鼻と口をしっかり覆うことができます。

除菌アルコール

トイレ後や食後、だれが触れたかわからないドアノブや机、イスを触った後は
携帯用のアルコール除菌ウェットティッシュ

除菌スプレーキレイキレイなどを
用意しておく方が安心です。

ポケットティッシュ

鼻水対策にポケットティッシュは必携です。
大学入学共通テストの会場では、カンニング防止のために
ポケットティッシュは袋から出して机の上に置く必要があります。

ちなみに使用後のティッシュは持ち帰りが必須です。
ゴミ袋としてのビニール袋は必ず持っていくべきです。

これらの対策をバッチリやって
安心して大学入学共通テストに臨みたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました